完全配合飼料(飼料安全法に適合した餌)を使用

育成会社によって
約120日頃まで飼育された鶏が導入されます

ウィンドレス鶏舎

鶏インフルエンザウイルスの感染源と考えられる野鳥などの侵入を防止するため構造された無窓型の鶏舎。舎内温度の管理や産卵鶏への給餌・給水、集卵や鶏糞の除去まで全自動にて制御されている。

鶏糞の処理と再利用

鶏糞は発酵させ適切な処理をすることによって肥料になります。

平成26年12月12日『農場HACCP認証』取得

農場HACCPは、畜産農場における衛生管理を向上させるための農場にHACCPの考え方を取り入れ、家畜の所有者自らが有害物質の残留等の危害や生産物の温度管理等の重要管理点を設定し、継続的に記録・管理を行うことにより、生産農場段階での危害要因をコントロールする方法です。